混色編成TOP > 103系 > 青梅・五日市線103系1980年代


当時としては珍しい、非ATC高運転台車の入線。 青梅・1986年
青梅・五日市線
103系・1980年代
#8
その他、寄せ集め画像です。
         10

武蔵五日市・1986年

武蔵五日市・1986年

豊田電車区にて、許可を得て撮影。 1986年

武蔵増戸を出る、103系6連。 1986年

のちには当たり前の光景になる高運転台車ですが、当時としては珍しかったのです。 羽村・1987年頃
余談ですが、高運転台車が青梅・五日市線に入線したある日の、交代する運転士と車掌の会話を耳にしました。乗務員室が低運転台車に比べて狭いと嘆いていましたね。

国鉄最後の夜に。クモハ103-92には既にJRのステッカーが。
青梅・1987. 4. 1(3.31深夜)

民営化1周年の拝島運転区のイベントで、クハ103-56ほかの編成を見学できました。 拝島・1988年

前ページと重複しますが、クモハ103-64ほか4連の3両目には、サハ101改造のサハ103-776が組まれています。
773から776までの、4両が在籍していました。いずれも非冷房車です。 拝島・1985. 9. 8
         10  次のページへ ≫

Copyright © 混色編成 . All Rights Reserved.


SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送