混色編成TOP > 103系 > 青梅・五日市線103系1980年代


青梅マラソン号に就く、クハ103-19ほか 小作→羽村・1986年頃
青梅・五日市線
103系・1980年代
#4
個人的に豪華編成と呼べるこちらの編成は、モハ103/102-1のトップナンバーユニットを、ATC化前の山手線で最後まで活躍した低運転台車で、しかも原形(1灯)ライトのクハ103-19/20で挟んだものでした。
1986年頃の全検の際には、モーターをMT55Aに積み替えて出場し、とても印象に残っています。
私が鉄道から疎遠だった頃に、いつの間にか廃車されてしまい、残念です。
         10

クハ103-20ほか
拝島・1986年頃

クハ103-20
拝島・1986年頃

クハ103-20
青梅・1985年頃

モハ103-1
青梅・1985年頃

クハ103-19ほか
小作→羽村・1985年頃

クハ103-19ほか
羽村・1985年頃
ご覧の通り一部の車両には、101系の方向幕が流用されていました。
ここでは、クハ103-19に101系の幕が使われています。20は、103系標準の幕です。
         10  次のページへ ≫

Copyright © 混色編成 . All Rights Reserved.


SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送