混色編成TOP > 101系 > 南武支線101系



1986年頃・尻手
南武支線101系
(浜川崎支線)
#1 3編成在籍の頃
1980(昭和55)11.17にクモハ11・クハ16から置き換えられ、同線で活躍してきた101系です。2002. 8.18には、後任の205系1000番台2編成の投入により、3編成のうち2編成が引退。以来1編成の101系が最後の活躍を続けてきましたが、2003.11.28、ついに営業運転から離脱となりました。
         10 11 12 13 14 15 16 17
この画像は、国鉄時代の南武支線101系です。

1984(昭和59). 2.12・浜川崎

ワンマン化改造前の、支線101系。2連で運転出来ることから、いままで延命出来た電車です。
民営化後にワンマン化改造、さらにSIV電源方式の簡易冷房改造を受けました。民営化後も、車体にJRマークが無いのが特徴です。
1984(昭和59). 2.12・尻手
1984(昭和59). 4.29(?)・浜川崎
中原電車区から出庫してきた、101系。これから朝のみの運用81Hに就くため、川崎新町へ向かいます。

2002. 6.12・武蔵中原


回送電車は、武蔵中原を6:47に出発です。

2002. 6.12・武蔵中原


         10 11 12 13 14 15 16 17  次のページへ >>
動画・サウンドのページに、南武支線101系の動画・サウンドがあります。よろしければどうぞ。

検索サイトから、こちらのコンテンツに直接お越しの皆様。
是非、「混色編成」TOPへもお立ち寄り下さい。

Copyright © 混色編成 . All Rights Reserved.


SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送