青梅線に101系1000番台…運転初日

クモハ100-1015特集

青梅・中央快速線から101系が引退してから約1年が経過し、
1986. 3. 3のダイヤ改正翌日、友人から1本の電話の内容には驚きました。
「101系が走ってる!!」と言うのです。慌ててカメラとテープレコーダーを持ち、
立川へ飛んで行くと、そこには確かに101系の姿があり、感激しました。

このダイヤ改正により、青梅・五日市線と武蔵野線の6両編成が
共通運用となったため、結果101系も青梅線にやって来た訳です。
これを期に、青梅線は101系や103系混色で賑わったのでした。

1986. 3. 4の青梅線にて

クモハ100-1015ほか、1000番台入線初日。 立川・1986. 3. 4
友人と二人で興味深く運転室を覗いていたら、「懐かしいだろ」と
声を掛けていただいたのは、D運転士さん。


久しぶりに青梅線でのMT46Aモーターのサウンドを楽しみ、終点・青梅に到着。
残念ながら、これで入庫です。 青梅・1986. 3. 4



電留線に入った101系。クモハ100-1015 青梅・1986. 3. 4




クモハ100-1015 青梅・1986. 3. 4




モハ101-1015 青梅・1986. 3. 4




クモハ101-(   )ほか 青梅・1986. 3. 4
ネガの状態が当時から非常に悪く、かなり色を補正しましたが、
私の技術ではこの程度が限界でした。

検索サイトから、こちらのコンテンツに直接お越しの皆様。
是非、「混色編成」TOPへもお立ち寄り下さい。

(C)混色編成


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO